キャッシュポイント(ビジネスモデル)の作り方

長く続く企業には、「キャッシュポイント」がある。
経営者の仕事は「キャッシュポイント作り」自社固有のビジネスモデルを作ろう。
利益無くして、企業の存続無し!利益を出すキャッシュポイント作りとは?


第Ⅰ章 キャッシュポイント・ビジネスモデルとは何か?
1.1 何で儲けているか?
1.2 儲ける意味とは何か?
1.3 企業が継続するために必要な3つのこと
1.4 キャッシュポイント、ビジネスモデルの事例

第Ⅱ章 自社の分析
2.1 どこで儲けているか?
2.2 お客様に渡るまでの行程は?
2.3 SWOT分析
2.4 3C分析
2.5 4P分析
2.6 売上の公式(客数×客単価×リピート率)から考察
2.7 4つの要素パターン分析
2.8 ビジネスモデルキャンパス分析

第Ⅲ章 顧客要望分析
3.1 ディズニーコンパス分析

第Ⅳ章 顧客要望を真のニーズに変換
4.1 ディズニーコンパス分析

第Ⅴ章 新たなキャッシュポイント・ビジネスモデルの考察
5.1 キャッシュポイント・ビジネスモデルを作る3つのポイント
5.2 新たなアイデアを考える(3つの分析から)

第Ⅵ章 収益をシミュレーションする

第Ⅶ章 撤退基準を作る


■チェックリスト
 540円(税込)

ビジネスサークル
  
  


■ワークシート
32,400円(税込)

ビジネスサークル
  


■実践手引書
324,000円(税込)

※コチラの商品は決済確認後、製本してお届け致します。
お手元に届くまで約10日間程時間をいただく場合がございます。


■関連

手引書と合わせて勉強にオススメ!
『徹る』
~経営者に必要な能力、それは、キャッシュポイント作り~
DVD+CD+テキストセット 21,600円(税込)

ビジネスサークル
  
  

徹るとは本来は、障害にもかかわらず突き抜ける意。
経営と人生とは、置き換えても 意味が通じる。

だから、人生を真剣に考えないと経営は長く続かないという気がします。
そして、経営を上手にするには「徹る」ことが大事。
障害をも突き抜けるのに必要なのは何か?

それが、3つのション
□ パッション そこに行きたい気持ちは何か?(何を犠牲にし、何を努力するのか?)
□ ミッション なぜそこに行きたいか?(それをしなければいけない理由は何か?)
□ ビジョン たどり着くとこの世はどうなるのか?

これをするために必要な事がビジネスモデルとお客様の反応のように思います。
ビジネスモデルとは、キャッシュポイント。キャッシュポイントを作るのが経営者の役目。


%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-02-13-27-52